thepriority Theme Single Post Text Area

Use this area to highlight something important you want to draw your visitors attention to, or just remove it in the Customize area in the backend.

銀行と消費者金融ではキャッシングにどんな違いがある?

担保や保証人がなくてもお金を借りることができるという点から見ると、銀行カードローンと消費者金融のキャッシングでは大きな違いがなさそうです。実際このような気軽に利用できる商品では、金利も限度額も大きな違いがない物も見つかりますのでますますその違いが分かりにくいという部分がありますね。
銀行と消費者金融では同じように利用できるキャッシングでも、実は規制されている法律が違うのです。銀行が規制を受けているのは銀行法になりますが、消費者金融は貸金業法です。ここに大きな違いが潜んでいます。
貸金業法が2010年に改正されたことによって、申し込みができるのは本人収入がある方のみとなりました。専業主婦の方は消費者金融では申し込みができなくなっているのです。パートなどでも収入があれば、申し込みができます。しかし、銀行カードローンなら世帯収入でカードローン審査を受けられるものがたくさんありますので、専業主婦の方も利用できます。
これだけではなく、総量規制という法律も利用者には大きく影響するものです。総量規制とは貸金業者から借り入れできる金額が年収の3分の1までに収める必要があるという法律です。借り入れできる金額が厳密に決まっていますので、借り過ぎなどを防ぐことができます。
このようにキャッシングを申し込める方、利用できる金額がはっきりと決まっているのが消費者金融などの貸金業者のキャッシングです。銀行はこの総量規制のように明確な金額が決まっているわけではありませんが、カードローンの利用に当たっては審査を行いますので返済できないほどの金額を限度額と設定することはできません。
どちらのキャッシングを利用するかということに関しては、申し込みができるところという条件でまずピックアップしていき、その後金利や限度額、使い方などで比較するとよいでしょう。銀行カードローンだから、消費者金融のキャッシングだから、という決め方よりもローンスペック自体で決定するのがおすすめです。

関連記事